足のトラブルが病気を引き起こす

足のトラブルが病気を引き起こす

足は体全体を支える重要な部位であり、そのためトラブルが起こりやすい部位でもあります。足を守るための方法や起こりうる病気などを説明していきます。

代表的な足のトラブルについて

足の主なトラブルには、外反母趾、内反小趾、開張足があります。外反母趾は、足の親指の付け根が外側にくの字に曲がる病気です。初期症状としては、まず、親指の第一中足骨が内側に広がっていくのが特徴です。そして、外反母趾のもう一つの症状は、かかとから親指の付け根にかけて土踏まずを形成している縦のアーチが崩れてしまい、足の裏が平になってしまう扁平足を伴って起こることが特徴です。外反母趾が進行すると、足の人差し指の付け根や小指の付け根の裏に胼胝(タコ)が形成されてしまい、そのことが原因で痛みを生じます。放置すると最終的には、足の親指が人差し指の下に入り込むように曲がってしまいます。ここまで進行してしまうと親指への負荷が大きくなり親指が重さに耐えられず脱臼してしまう危険もあるので注意しましょう。

内反小趾は足の小指に一定の圧力が加わり続けた結果、炎症やタコ、ウオノメなどが発症し、それが原因で痛みを伴う病気です。内反小趾は小指の付け根の部分に出っ張りができてしまう形状変化の1つです。また、病気が進行すると外反母趾と同じように小指が隣の指の下に入り込んで足以外の部位にも悪影響を与えてしまう可能性があります。

開張足は、アーチ上に形成された足の裏の形が崩れ横に広がり足の裏全体が地面に密着する病気です。放置すると外反母趾や内反小趾、扁平足などを併発してしまう危険があります。足が横に広がってしまうため、バランスを崩しやすくなり、体の他の部位にも負担がかかってしまいます。さらに土踏まずが潰れてしまうことで、足の裏にタコやウオノメなどができてしまい痛みが生じます。

足のトラブルの原因と治療法

外反母趾になる原因は足のサイズに合わない靴を履くことであり、特にハイヒールなど足の指に体全体の負担がかかる靴を履き続けることです。もう一つの原因は、生活習慣が挙げられます。基本的に靴を長時間履くことにより裸足でいる時間が減少することが原因として考えられます。そのため、足の裏に均等に負荷がかからず、小指や親指などの筋力の低下などに繋がります。また、外反母趾は男性よりも女性の方が発生することが多いとされています。原因の1つとしては男性よりも女性の方が関節が柔らかいこと、そしてハイヒールなどを履く機会があるなどが挙げられます。

外反母趾の治療法は手術療法と保存療法の2つに分けられます。手術療法は内側に突出している中足骨を切り、正しい角度に固定する方法であり、外反母趾の治療の中で最も基本的な方法です。保存療法にはいくつかの方法がありますが、その中で最も有効であり、選択されているのがアーチサポートを用いた治療法です。アーチサポートは足の形状を理想の形にするため、一人一人に合わせた物であり、これを靴の中に入れることで正しい足の形に戻すという治療法です。保存療法は正しい形状に戻すための器具などを使用して、自然に正しい形に戻すことが目的となっているため、長期的な治療となります。

内反小趾になる原因はこれまでと異なる種類の靴を履き始めた際に、足にかかる負荷が小指などに集中してしまうことです。特に学生から社会人になった際は履きやすいスニーカーから硬い革靴を履くことにより、小指に圧力がかかり変形してしまうことが考えられます。また、種類が異なる靴を履くことで歩き方が不自然になりやすくなるので注意しましょう。

内反小趾や開張足の治療方法には、テーピングなどを使用した骨格矯正が挙げられます。骨格のバランスを整えると同時に足の指の筋力を鍛えることで足の指の形状を正していきます。また、変形した指の固くなっている筋肉を伸ばし本来の形に戻すストレッチや姿勢の改善、歩行指導などを行います。

靴の重要性とトラブルを未然に防ぐ方法

足のトラブルを未然に防ぐには、足を守ることが大切です。では具体的にどのように守ればいいのか、中でも特に重要なのが靴の選び方です。靴は形や硬さなど様々なものがあり、普段履いている靴の縦横のサイズなどをしっかりと測り自分に合ったサイズのものを選ぶことが重要となっていきます。また、普段から適度なウォーキングやストレッチなども行っておきましょう。もし足の裏が疲れる、長時間靴を履いて歩き回る機会が多い場合にはインソールなどを靴の中に敷いておくと靴と足のフェット感を高めるだけでなく、足裏のアーチを維持することもできます。もしハイヒールなどを履く機会が多い場合には足の指を固定するサポーターを履いておく、もしくは足の筋力を鍛える運動などの対策をしておきましょう。

足のトラブルは靴が最も多くの要因となっていますが、靴だけではなく普段の生活習慣や姿勢、歩き方にも影響します。足全体に負荷がかかる歩き方ではなく、小指や親指など1つの部位に負荷がかかる歩き方をしている場合には靴のサイズなどに関係なく外反母趾などになってしまう危険があります。自分に合った靴を選ぶことも大切ですが、普段の生活習慣の見直しや、歩き方の改善なども治療や予防には重要なことです。

正しい歩き方をするにはまず正しい靴選びを

自分の足のサイズに合っていない靴を履いてしまうと自然に歩き方もそれに合わせて変わってしまいます。まずは、自分の足のサイズや形などを十分把握した上で歩きやすい靴を選びましょう。

walking

約30年続く老舗シューズブランドですが、
足の悩みを抱える方が多く、シューズを検討して貰う際に
「足のむくみ」「冷え性」「外反母趾」「腰痛」など、多くの悩みの声を聴いてきました。

シューズの正しい選び方はもちろんですが、足の悩みの根源的な解決方法をずっと研究してきました。
足のトラブル、シューズのトラブルなど、一般的な悩みと解決方法を公表しています。
まずは簡単な解決のためのノウハウをお伝えしますので、一緒に解決していきましょう。

おすすめ記事