ストレッチで足や腰のトラブルが無くなる

効果的なストレッチで足や腰のトラブルが無くなる!

足や腰のトラブルを抱える人は多く、足腰を強化するためにどんな方法があるか模索している人は少なくありません。足腰に良い影響を与えるストレッチなどの効果について紹介しましょう。

日常生活で絶えない足や腰のトラブル

#足腰に関する高齢者の悩み
高齢化社会において、歩く際に躓きやすくなったり、歩いた後に膝や腰が痛くなったりするなど、足腰の悩みを抱える高齢者が少なくありません。歩くと苦痛を伴うため、外出が減って行動範囲が狭まると、外部との接触も減って脳への刺激も減少してしまうでしょう。これは、認知症の原因にもなると言われています。また、高齢で血管の硬化が進み、静脈瘤などが足にできて血流が悪くなり、足がしびれることもあります。さらに、カルシウムが不足して、骨がもろくなり、圧迫骨折を起こす高齢者も珍しくありません。

#若者にも大きなダメージを与える足腰のトラブル
若い人も、スポーツに打ち込むあまり、足腰を酷使して傷めてしまうこともあるでしょう。老若男女問わず、足や腰の悩みは尽きません。一度傷めた部位は、いったん治っても、ちょっとした刺激により痛みが再発することもあります。足腰は日常生活を送る上で必ず動かさなければならない部位なので、いつまでも使わずに安静を保つことは不可能でしょう。トラブルに見舞われないよう細心の注意を払い、もし傷めてもできるだけ早く回復させる工夫が必要です。

足腰を鍛えてトラブルを回避しよう!

#適度な運動をしよう!
足腰のトラブルを生じさせないためには、個人に合った適度な運動が欠かせません。だからといって、ジョギングやランニングなど、外出しないとできない運動にこだわる必要はないでしょう。外に出て町内を一周し汗をかいて帰宅したら、充実感を味わえるかもしれません。しかし、ジョギングやランニングは、膝や腰に負担を与えることが多く、素人考えで適当な距離を走ると、かえって足腰を傷めてしまうこともあります。アスファルト舗装の道を走ると、膝や腰に大きな負担がかかるのです。

したがって、ジョギングやランニングに挑戦する際には、走路や距離を検討し、身体に余計なストレスをかけないよう十分検討しなければなりません。何よりも、靴選びが重要です。着地の際に受ける衝撃を上手く吸収し、足腰に響かないようなジョギングシューズやランニングシューズを選びましょう。足に合う靴を選ぶべきであることは言うまでもありません。ジョギングやランニングをしない人も、ウォーキングシューズについては、自分の足にぴったりフィットするものを購入しましょう。

足に合わない靴を我慢して履いていると、外反母趾や足のむくみの原因になります。また、室内でランニングマシーンを使用したり、筋トレ用品を用いて筋力アップを図る際も、同様の注意が必要です。特に、スクワットはやり方を間違えると、すぐに腰を傷めてしまうので、トレーナーについてもらうなど、専門家の指導をあおいでからチャレンジしましょう。体力に自信のない人は、大げさなトレーニングを始める必要はありません。テレビで放映される5分程度の体操でも、血流を良くし体をほぐすことができます。

#食事の内容にも気を付けよう!
足腰を強くするうえで、食事も重要です。骨や筋肉を作るタンパク質やカルシウムを摂取するよう心がけなければなりません。タンパク質については、卵や肉といった動物性タンパク質のほか、大豆などの植物性タンパク質も摂ることが必要です。また、血管を強くし血流を良くすることも、足腰の強化に欠かせません。血管が弱く破れやすかったり、動脈硬化が起きやすかったりしたら、ある程度体に負荷をかける運動ができないでしょう。血流が悪いと、老廃物の排出が遅くなり、ちょっと運動をしただけで疲れ切ってしまいます。野菜を多く食べて、血液の循環系統を整えましょう。

#休息も大切に!
足腰を酷使した場合はもちろんのこと、適度な運動の後であっても、足腰を休めることを忘れてはいけません。疲れた筋肉をほぐすため、ゆっくりとストレッチや体操をしながら、呼吸を整え、クールダウンしましょう。ぬるめのお風呂に入って、血行を良くし、筋肉に溜まった乳酸を排出することも大切です。熱い湯や長時間の入浴は、かえって体に負荷をかけてしまうので避けましょう。

足腰の強化に役立つストレッチ

#ストレッチの効果
運動の前後に準備体操やクールダウンとして行うことが多いストレッチですが、足腰の血行を良くし、関節を柔らかくするというストレッチの効果は、足腰の強化に直結すると言えるでしょう。ストレッチとは、筋肉繊維を伸ばして静止することを指しますが、体の各部位をゆっくりと動かす体操を意味することもあります。たとえば、足を大きく前後に開き、後ろに伸びた片方の足の膝が床に触れるほど腰を落とした後、ゆっくりと体を起こし今度は逆の足の膝が床に着くまで腰を落とす運動を繰り返すと、太ももの裏の筋肉を伸ばすストレッチの効果があるだけでなく、足の筋肉や膝の関節を強化できるでしょう。ストレッチは、体の一部を緩めてリラックスさせると同時に、別の部分に負荷をかけて筋力アップすることもできるのです。

#体幹トレーニングも併用しよう!
ストレッチとともに、体幹トレーニングも併用すると、足腰を十分に鍛えられます。体幹トレーニングは、インナーマッスルと呼ばれる体の根幹を成す筋肉を鍛える運動で、右足で立って左足の膝を上げ、右肘を左膝にくっつけるというような簡単な静止運動です。インナーマッスルを強化すると、身体のバランスが取りやすくなり効率的に動けるようになるので、運動機能が向上し怪我をしにくくなるでしょう。体幹トレーニングによりストレッチ効果も倍増します。

ストレッチで無理なく体を動かし、足腰を強化しよう!

ストレッチは、余計な負荷を体にかけることなく足腰を鍛えられる運動なので、誰でも安心してチャレンジできます。毎日短時間のストレッチで、足腰のトラブルを回避できる体作りをしましょう。

walking

約30年続く老舗シューズブランドですが、
足の悩みを抱える方が多く、シューズを検討して貰う際に
「足のむくみ」「冷え性」「外反母趾」「腰痛」など、多くの悩みの声を聴いてきました。

シューズの正しい選び方はもちろんですが、足の悩みの根源的な解決方法をずっと研究してきました。
足のトラブル、シューズのトラブルなど、一般的な悩みと解決方法を公表しています。
まずは簡単な解決のためのノウハウをお伝えしますので、一緒に解決していきましょう。

おすすめ記事