足のむくみに関するお問い合わせ。~足のトラブル~

足のトラブルの中でも、多くの女性が悩みを抱えているのが足のむくみです。足のむくみの原因は人によってさまざまですが、ここでは足のむくみを解決するための方法について、詳しく紹介します。

寒さが原因で起こる足のむくみ

足のむくみを解決するために重要なことは、むくみの原因を正確に把握することです。足のむくみはさまざまな原因で起こりますが、むくみの原因として多いのが気温の低下です。足のむくみは、血液に含まれる水分が肌の奥にたまることによって起こる症状です。血管からの水分の流出は、血の流れが悪くなることで起こりやすくなりますが、血のめぐりが悪くなりやすいのが気温の下がる冬です。気温の低下により体内の血管が収縮することが、血の流れが悪くなる原因になります。夏場でもクーラーの効いた部屋の中で長時間過ごすことにより、同じような症状が現れることがあり、気温の低い場所は足にとって何かと負担がかかりやすい環境です。

寒さが原因による足のむくみを解消するためには、できるだけ温かい格好をして過ごすようにするのが効果的な方法です。足のむくみが気になる場所は特に足を重点的に防寒対策をすることで、むくみの悪化を抑制できます。レッグウォーマーなども足を温めるには最適なアイテムで、クーラーの効いた部屋で長時間仕事をしなければいけない人も、効果的なむくみ対策ができます。

飲み物や食べ物が原因で起こる足のむくみと対策

足のむくみは食べ物や飲み物によって引き起こされる場合もあります。足のむくみの原因となりやすいのが冷たい飲み物です。夏場などは特に冷たい飲み物を飲みたくなる機会が多いですが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうために、血の流れが悪くなってむくみができやすくなる場合があります。そのために、むくみを気にしている人はできるだけ冷たい飲み物を飲まないようにするだけでも、一定の効果が期待できます。

飲み物の種類によってもむくみができやすくなることがありますが、特に気をつけなければいけないのは、尿を出やすくする成分が入っている飲み物です。お茶やコーヒーはこうした成分が入っている飲み物の代表的なものですが、尿として体の中から出て行ってしまう水分の量が多くなってしまうと、血液の流れが悪くなってしまい、むくみの原因となります。むくみを気にしている人は、普段からこうした飲み物を過剰に摂取しないようにすれば、血液の流れを正常に保ちやすくなります。

食べ物の種類によっても、足にむくみができやすくなることがあります。むくみが特にできやすくなるのは、塩分が多く含まれている食品です。体内に過剰に塩分がたまると、体は体内のバランスを正常に保つために水を必要とします。そのために、水を飲みたくなるのですが、水分を大量に摂取すると、体内を流れる血管にも多くの水分があふれるために、血管の外部にも水分が流出しやすくなり、むくみの原因になります。こうしたことから、足のむくみを気にしている人は普段から塩分が過剰に含まれているものを食べることを控えた方が、むくみの発生を防止しやすくなるのでおすすめです。

運動不足が原因で起こる足のむくみと対策

足のむくみは運動不足が原因で発生する場合もあります。足の血液が正常に流れるためには、血管の働きだけでなく、足の筋肉も重要な役割を果たします。足の筋肉の量が十分でないと、血管内の血液が正常に循環しにくくなることがあり、むくみの原因にもなります。筋肉の量は日常的におこなわれる足の運動量とも大きく関係していて、毎日しっかりと足を使っている人の方が、筋肉の量も維持しやすくなります。仕事のために長時間座らなければいけない人の場合には、足の筋肉量を維持するための十分な運動ができていない場合も多いです。

このような、足の筋肉が原因で起こるむくみを解決するために最適な方法が、普段から適度に足を使うようにすることです。家の周囲を短時間ウォーキングするだけでも、毎日続ければ足の筋肉を少しずつ鍛えることができます。ウォーキングをするときに注意しなければいけないのは、使用する靴です。足を鍛えるためにウォーキングをする場合には特に、足の大きさに最適なサイズの靴を選ぶ必要があります。サイズが合っていない靴を履いてウォーキングをすると、足に大きな負担がかかるので、かえって血の流れが悪くなることがあります。

自分に合った靴を見つけるためには、まず自分の足のサイズを正確に測定する必要があります。歩きやすさに大きな影響を与えるのが足長です。かかとから親指の先端まで正確に長さを測定して、指を動かしやすい大きさの靴を選ぶのが最適な方法です。足長は少し余裕があるくらいのほうが歩きやすくなりますが、大きすぎると逆に足のバランスがとりにくくなるので、指が靴の中で軽く動かせる程度の大きさがベストです。歩きやすい靴を見つけるためには足囲も一緒に測定しておいた方がおすすめです。足囲とは親指の根元にある骨が出ている部分から、小指の根元にある骨が出ている部分までの距離です。足長が合っていても足囲の幅が十分でないと、足が圧迫されて動きにくくなることもあることから、購入前には必ず確認しておくことが大切です。自分に合った靴を履いて毎日しっかりとウォーキングをすることで、むくみを防止するための筋肉を足につけることができます。

原因によって違う足のむくみの解決方法

足のむくみにはさまざまな原因がありますが、原因に合った解決法を実践することで、問題の解決に役立ちます。運動不足の人の場合には、自分に合った靴を選んで運動をするのもおすすめの方法です。

walking

約30年続く老舗シューズブランドですが、
足の悩みを抱える方が多く、シューズを検討して貰う際に
「足のむくみ」「冷え性」「外反母趾」「腰痛」など、多くの悩みの声を聴いてきました。

シューズの正しい選び方はもちろんですが、足の悩みの根源的な解決方法をずっと研究してきました。
足のトラブル、シューズのトラブルなど、一般的な悩みと解決方法を公表しています。
まずは簡単な解決のためのノウハウをお伝えしますので、一緒に解決していきましょう。

おすすめ記事